あべかわもち食べたい

どこかのだれかへ

ことばのちから(辻征夫ver.)

f:id:moztao:20151223075918j:plain

蟻の涙         辻征夫

どこか遠くにいるだれでもいいだれかではなく

かずおおくの若いひとたちのなかの

任意のひとりでもなく

この世界にひとりしかいない

いまこのページを読んでいる

あなたがいちばんききたい言葉はなんだろうか

 

人間と呼ばれる数十億のなかの

あなたが知らないどこかのだれかでななく

いまこの詩を書きはじめて題名のわきに

漢字三文字の名を記したぼくは

たとえばこういう言葉をききたいと思う

きみがどんなに悪人であり俗物であっても

 

きみになかに残っているにちがいない

ちいさな無垢をわたくしは信ずる

それがたとえ蟻の涙ほどのちいささであっても

それがあるかぎりきみはあるとき

たちあがることができる

世界はきみが荒れすさんでるときも

きみを信じている

 

〈引用図書〉

みずはつめたい―辻征夫詩集 (詩と歩こう)

 

 

参加しています

にほんブログ村 - 人気ブログランキングとブログ検索