読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべかわもち

どこかのだれかへ

思考の悪循環に関するアドバイス

アラン・ワッツ(イギリス人 哲学者)から学ぶ

                  (最終更新日:2016.05.27.)

私は彼の著書を拝読したことが無いのですがyoutubeで彼のビデオを見ていて、これは難しくないのでイイな、と思ったので載せておきます。(読了しました。下記に記事更新しています。)

『思考の悪循環を止めるには?』アラン・ワッツ

 

そして、同じくアラン・ワッツ氏のビデオから。これは、ただ私が好きなだけ。


アラン・ワッツ~「お金が目的でなかったら、キミは何がしたいのか?」

 

思考の流れを穏やかにしていくことは、多くの人が精神衛生を改善させるために必要だと説いています。瞑想も思考の静止を目的としています。

多くの著者が本を出し、その方法を述べていますが、アラン・ワッツ氏の助言は気負うことなく聞くことが出来るのでは、と思います。

*****

 アラン・ワッツの「ラットレース」から抜け出す方法を読み、彼の説明そのものは今の私には合っていなかったように思います。(他に参考にしている著書があり、今後、そのことについても記事に出来たらいいなと思っています。)

しかし、彼の著書は世界中の人々に影響を与えました。私がこの本を読んだのには、きっとこのメッセージを受け取る為だったのかな、と思っています。

それは、訳者(竹淵智子さん)のあとがきに掲載されていた言葉。

さあ、ふりだしに戻ったつもりで もう一度思い出そう。

なんの制限もないとしたら、あなたはどんな役柄を望まれますか?

 あとがきを読むと、アラン・ワッツがいかに苦しみながら生きていたかを知ることが出来ます。決して称賛されるような内容ではない一面も持つのも、やっぱり人間なのでしょうね。