読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべかわもち

どこかのだれかへ

人生はオセロのように

f:id:moztao:20160526015950j:plain
                        (最終更新日:2016.05.26.)
あなたを苦しめる出来事、物語は確かにあなた自身に起こったことかもしれません。

どうやら、この世は±0になるように出来ているらしい。

オセロに例えてみると。

ある出来事が起こり、あなたの基盤に1コマのオセロが置かれる。
そして、その出来事(1コマ)に執着するあまり、人は他のコマやゲームそのものを楽しめずにいる状況になりやすいです。

その1コマが誰かとの物語かもしれないし、もしかすると、内面に抱える劣等感や何かで、本来の自分を肯定できずにいることかもしれません。

その出来事が起こったこと(オセロの1コマが置かれたこと)は変わらないでしょう。
その出来事の記憶があなたに残ってしまうかもしれません。

けれど、ゲームが進行するたびに、その1コマや全体のコマの捉え方は変わってきます。
(あの出来事があったおかげで、あの失敗があったからこそ、あの不安があったから誰かの気持ちに沿うことが出来た、などなど)

それぞれの1コマは黒から白へ、そして、黒から白へと変化していくことを知っておいて下さい。
基盤全部にコマが置かれ、人生が終わるまで、あなたの出来事の意味や捉え方は変わっていきます。

そして大事なのは表面に表れているコマの、白が多いとか、黒が多いとかではなく。
どちらにしても、その1コマは白黒両方を持ち、あなたは色んなコマを体験出来たという事です。

変化していくことを受け入れてあげて下さい。
あなたは変わっていく。
変化していくことを楽しみながら。

そして、今まで置かれたコマを意識せず、「今現在」に体験しているコマにフォーカスしましょう。
それがどんな体験でも、「あなたの今」を存分に体験してくださいね。

他の誰でもない、あなた自身を取り囲む体験を大切にしてください。
(疲れたら、甘いものでも味わって食べたりね。急いで食べてしまわずに。)